× 閉じる

大和証券企業型プランのご案内
制度導入コンサルティング

大和証券は、確定拠出年金の「運営管理機関」として、運営導入コンサルティングから従業員教育、制度運営まで、制度導入企業を幅広くそして手厚くサポートいたします。

Q
運営管理機関の業務は?

大和証券は、確定拠出年金運営管理機関として、下記の「運用関連業務」をおこなっております。

  • 運用関連業務:
    制度導入コンサルティング、運用商品の選定・提示、運用商品等の情報提供、従業員教育、問合せへの対応、制度運営事務等
  • 記録関連業務:
    NRK(日本レコード・キーピング・ネットワーク)」委託しています。加入者ごとの運用記録の管理、残高照会と通知、運用指図のとりまとめ、給付裁定等

大和証券グループの総合力

制度導入をスムーズに行うためには、専門的な知識と豊富な経験を持つプロフェッショナルが欠かせません。特に、現行制度の分析や改定案の策定、運用商品の選定、導入決定後の従業員教育等は重要度の高い項目です。

大和証券では、グループの運用会社である大和証券投資信託委託や大和住銀投信投資顧問の「アセット・マネジメント力」、大和ファンド・コンサルティングの「商品評価力」、シンクタンク大和総研の「調査研究力」等、グループの総合力を結集して、信頼度の高い制度運営を実現しています。

Q
(企業型)確定拠出年金導入から運営までの流れは?

3つのステップに分けて見てみましょう。

最初のステップが「検討段階」です。ここでは「退職金・企業年金制度の現状分析」を行います。企業内にプロジェクトチームを組成し、既存制度の現状分析と見直しの検討、導入後合の財務シミュレーション等を行います。その結果を受けて「確定拠出年金の導入決定」がなされます。

2番目のステップが「導入段階」です。ここでは「確定拠出年金の制度設計」を行います。既存制度からの移行方法の検討、関係機関の選定、規約の策定、運用商品選定、労使交渉等です。労使合意を経て、「導入の実務」に入ります。従業員教育を実施し、加入申込受付を開始します。

最後の3番目のステップが「運営段階」です。掛金拠出、登録変更事務、情報提供等を行います。
また、従業員教育は導入後も継続する必要があります。

(企業型)確定拠出年金の設立形態

大和証券では、制度導入に係る費用や準備期間等、導入企業様の状況に応じた最適なプランをご提案いたします。

設立形態 特徴
企業型 一般プラン 導入企業様が単独でプランを立ち上げます。
規約内容や運用商品ラインアップ等、導入企業様のご要望に応じた設計が可能です。
スタンダード
プラン
導入企業様が単独でプランを立ち上げますが、運用商品等一部の内容をパッケージ化することで、導入コストの低減と準備期間の短縮を実現したプランです。
総合型 設立済みのダイワ総合型規約に企業様が参加します。
運用商品等のプラン内容を共通化することで、導入コストとランニングコストを極力抑えたプランです。比較的少人数での導入に適しています。

運用商品の選定・提示

確定拠出年金法で定められている代表的な運用商品は、投信信託、定期預金、保険商品ですが、期待収益率・利回り、ディクロージャーの充実度、長期投資への適性等の観点から、大和証券では投資信託をその中心に位置付けています。

運用商品選定の基準

大和証券では、確定拠出年用として適切な運用商品を選定するために、次の5つの視点で検証・確認を実施します。

  • 長期運用への適性

    定性・定量評価により、長期運用での適性を備えた運用会社と運用商品を選別します。
    また、外部の中立的評価機関の評価レポート等も参考に、正確性を高めています。

  • 分かりやすさ

    投資信託の投資対象や投資方針、投資プロセス、そしてベンチマーク等の明確さを重視します。

  • ディスクロージャー

    各運用会社のディスクロージャーの体制・姿勢・内容を分析し、タイムリーかつ必要十分な情報提供が可能であることを重視します。

  • 多様なニーズに対応できること

    商品構成においてリスク・リターン特性の異なる複数の商品を用意しています。また、それらを組み合わせることで、さらに多様な分散投資が可能になります。

  • コスト

    説明可能なコスト体系を持つ商品を取り揃えています。

確定拠出年金向けファンドユニバース/モニタリング

大和証券では、運用会社に対するアンケートやヒアリングを通して、運用内容に関する情報を直接収集し、それに基づいて運用会社・運用商品の評価を行っています。
また、外部の評価機関の評価情報を入手して運用商品選定・モニタリングの際の参考としています。

大和証券ではそれらの各種情報に基づいて「確定拠出年金向けファンドユニバース」を組成しており、これを確定拠出年金の導入企業に運用商品を選定・提示する際のベースとしております。

Q
運用商品の選定・提示から決定までの流れは?

大和証券が組成した「運用商品ユニバース」をもとに、各導入企業向け運用商品ラインアップをご提案します。導入企業サイドで特にラインアップに関し、ご要望がある場合は可能な範囲で対応いたします。その上で、運用商品ラインアップの確定となります。
確定拠出年金導入後は継続的に運用商品を監視(モニタリング)し、企業に対しても必要な情報を適宜フィードバックします。

TOP