iDeCo(個人型DC)とは?

確定拠出年金(以下、「DC」)は公的年金の上乗せとなる私的年金です。

日本人の平均寿命は長くなり、退職後のセカンドライフ長期化が見込まれる中、政府は国民の自助努力も含めて、リタイア後のセカンドライフへの充分な備えを行なうことができるよう促しています。
老後に必要な夫婦2人の生活資金は、公的年金の給付額に対して約2,500万円足りないと言われています。

この機会にぜひiDeCoの制度を学び、使い方を理解していただいた上で、iDeCoを始めていただければと思います。

少額からコツコツと、セカンドライフへの備えへ!早く始めた方からiDeCoの恩恵を享受することができるのです。

iDeCoの概要

iDeCoのしくみ

個人型の確定拠出年金(以下、iDeCoといいます)は、個人で拠出した掛金を自分で運用して将来の老後資金を育てるしくみです。

  • ※ 受取時に損失が発生している場合、受取額が積立額より少なくなる場合があります。

改正DC法のポイント 〜拠出規制の年単位化〜

改正DC法に伴い、2018年1月分の掛金より「毎月の拠出」のほかに「特定の月」にまとめて拠出することも可能となりました。

年単位化において注意すべき点

金額の変更

年1回可能です。従来は4月〜3月の間に1回でしたが、平成30年分から前年12月〜11月の間に1回になります。

拠出上限額の考え方

拠出上限金額は、「(1)月々の拠出上限額×経過月数ー(2)前月までの拠出累計額」になります。

例:3月までに5,000円ずつ拠出した、「企業年金等のない会社員」の方の場合の4月の拠出限度額

(1)23,000円×4ヶ月(1〜4月)- (2)5,000円×3ヶ月=77,000円

前納・追納は不可

拠出は所定の書類に記載した特定の月に行う必要があり、前もって1年分納めることや、急遽増額して拠出することはできません。

iDeCoの加入資格及び掛金

加入資格により、積み立てられる金額(拠出できる掛金)の上限額が異なります。

  • *1 企業型DCの事業主掛金の上限を引き下げることなどを規約に定めた場合に限り、iDeCoへ加入が可能となります。
  • *2 確定給付型年金は、厚生年金基金、確定給付企業年金などを指します。
  • 上図のように上限金額まで掛金の拠出が可能です。
  • 毎月定額払いの場合、下限は5,000円からで、1,000円単位で利用金額を設定できます。
    (第1号被保険者の方で、国民年金付加保険料または国民年金基金の掛金を納付されている方は、その額と毎月の掛金と合算して68,000円が上限となります。)
  • 毎月定額払いの他に特定の月にとりまとめて払込むことも可能です。
TOP