ライフプランコラム「いま、できる、こと」vol.52(2019年6月7日)いつもライフプランセミナーの最後にお伝えしていること

毎週1ネタずつご紹介してきたこのコラムも52回目を迎えました。つまり、1年間続いたことになりますね。今回はコラム1年の区切りとして、私がライフプランセミナーの最後に、特に20代、30代の人向けのメッセージとしてお伝えしているネタを披露させて頂きます(以下、講演録っぽく紹介します)。


  • 【講師】
    「最後に、当社で実施したアンケート結果(下表)をご紹介します。これはお客さまに「今、一番関心のあるライフイベントは何ですか?」とお伺いし、年代ごとに整理したものです。」
  • 【講師】
    「まず、これを“横”に見ると、人生の3大支出の特徴がよく分かります。例えば、子育ては30代の最大の関心事ですが50代まで続きます。また、住宅購入も30代の関心事の一つですが、ローン返済は40代、50代のほうが重く感じているようです。つまり、子どもの教育資金とローン返済とのヤリクリに苦慮している様子が窺えます。そして、老後資金は40代と50代の最大の関心事ですが、なかには30代から取り組まれている方もいる、といった感じです。」
  • 【講師】
    「ところで、このアンケート結果を“縦”に見たとき、一番大変な年代はどの年代になりますか?」
  • 【最前列の一人が】
    「え〜と、そうですね、関心事が一番多い40代ではないでしょうか?」

ご自身のライフプランにおいて、現在の最大の関心事は?

ご自身のライフプランにおいて、現在の最大の関心事は?

  • 【講師】
    「そうですね、私も40代だと思います。そして、特に、20代、30代の方に申し上げたいのは、職場で身近にいる、今一番大変な時期を過ごされている40代の先輩の姿は、あなたの10年後、20年後の姿です、ということです。」
  • 【講師】
    「30年後や40年後の老後はまだまだ先かも知れません。でも、一番大変な40代は老後よりも先にやってきます。むしろ、目の前と言ってもいいかも知れません。ですから、少しずつでいいので、今から老後資金の準備を始めれば、一番大変な40代を少しでもスムーズに乗り切るための土台作りができるのではないでしょうか。こんな考え方も含めて、本日ご紹介したお話しが、現役世代の皆さまがライフプランに一歩踏み出すきっかけになれば幸いです。本日はご清聴ありがとうございました。」(拍手喝采、、、かな?(笑))
  • ※ 最大の関心事として、それぞれの回答を選んだ方の割合
    (■アンケート対象:大和証券に口座をお持ちの公務員の方、■アンケート方法:ウェブアンケート、■アンケート期間:2016/7/29〜9/9)

大和証券 確定拠出年金ビジネス部
2019/3/22作成

TOP