ライフプランコラム「いま、できる、こと」vol.126(2020年11月13日)「卵は一つの籠に盛るな」って本当はどういうこと?

先日、久しぶりに対面で資産形成セミナーの講師を務めました。マスク越しに話すのはかなり疲れますね。でもコロナ禍ですから、講師の私も「新しいセミナー様式」に慣れなければいけません。

そして、コロナ禍でも対面セミナーに参加いただける方々ですから、熱心さは平熱以上でした(笑)。そんな熱心さを感じた場面を再現してみましょう。

  • 「卵を一つの籠に入れて落としてしまうと全部割れますよね。でも、卵をいくつかの籠に分ければ、万一のことがあっても全部が割れることはありません。投資でもこのように分けて管理すること、つまり、分散投資が大切なので、「卵は一つの籠に盛るな」っていう投資の格言にもなっているんですね。」

と説明すると参加者のAさんからご意見がありました。

投資の格言「卵は一つの籠に盛るな」

投資の格言「卵は一つの籠に盛るな」

  • Aさん
    「でも、全部割れても、一部しか割れてなくても、割れたことには変わりないですよね。それって、損の大小はあっても、結局、分散投資をしても損をするってことじゃないですか。私はそんな分散投資をやりたいとは思いません。」

Aさんがあまりにもきっぱりとおっしゃるものですから、一瞬たじろいでしまいました(笑)。でも、Aさんのおっしゃることも一理あります。というか、ここで終わっては投資の格言として成立しません。実は続きがあるのです、この格言には。

  • 「卵が全部割れるとそこで終わりです。でも全部割れなければ、割れずに残った卵が雛になり、親鳥になってまた卵を産みます。つまり、「長い時間」をかけることで卵の数は元の数より増えるのです。」
  • 「もうひとつ重要な存在が「卵」。壊れやすいモノというだけならガラスのコップでもいいのですが、ガラスのコップはコップを生みませんよね(笑)。「卵」は雛になり、親鳥となって、再び「卵」を産みます。つまり、「卵」は「収益を生む」存在として使われているのです。」
  • Aさん
    「つまり、この格言は、「分散投資」だけでなく、「収益を生む」投資対象に、「長期投資」を行うことが大切だと言ってるんですね。よく分かりました!」

さすが、熱心なAさん、理解もとても早かったですね(笑)。

大和証券
2020/8/28作成

TOP